« ナビスコ準々決勝1stLeg 大分トリニータ戦 | トップページ | 2008リーグ&ナビスコ日程 »

第15節 浦和レッズ戦

【結果】浦和レッズ 2-0 FC東京

080705

試合の入り方が非常にまずく、開始早々に得点を許し、それが最後まで東京を苦しめる結果になってしまった。

先制したならそこまで攻める必要もなくなったレッズはもちろんドン引き。
あとは前にエジミウソンと達也を残して、奪ったら速攻カウンター。
レッズの術中にはまったと言えばはまったのか?!
永井がヒーローインタビューでうちのサッカーができたって言っているんだから、やっぱドン引きはデフォルトなんだろうなぁ。
そう考えたら、うちの研究不足も否めないし、打つ手がなかったとしか言えない。
つか、最近は勝っていなかったということで、最初から5バック気味だったし。
と、いろいろボヤいたところで、負け犬の遠吠えであって、うちはうちで問題点も多々あったから負けたのだ。
問題の失点シーンはマークが甘いし、攻撃では、サイドを塞がれた東京としては、なかなか攻め手が見つからず、ボールは支配するも・・・
動いてスペース作るにも、エメのように個人技がある選手ならまだしも、マンマーク気味につかれていたら、意味ないし。
羽生ちゃんなんて、それで何もできなかった気がする。

強くなるにはあのドン引きも必要な要素であって(いつもでは萎えるけど)、面白い上に強いサッカーというのは所詮理想論に過ぎないのかな?!

しかし、城福さんには是が非でも今の信念を貫き、理想のサッカーを現実にして強くなってほしい。

私は昨日のレッズ戦で負けてものすごく悔しかったけど、だからといって、今のサッカーがダメだなんてまったく思わなかったし、これからもブレることなく、突き進んでほしいとますます感じた。

気になるのは、それなりにいいサッカーをしても結果が出なくて選手がシュンと下を向いてしまわないかということ。

新しいことにチャレンジするということは、うまくいくこともいかないこともあるのだから、壁にぶつかったとしても、それを乗り越えられる力を選手にはつけてほしいと思う。

もちろん、鹿島戦もサポートに行きますよ!!!
行ける人も行けない人も選手に声を!!そして、気持ちを!!!

|

« ナビスコ準々決勝1stLeg 大分トリニータ戦 | トップページ | 2008リーグ&ナビスコ日程 »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114202/22119884

この記事へのトラックバック一覧です: 第15節 浦和レッズ戦:

« ナビスコ準々決勝1stLeg 大分トリニータ戦 | トップページ | 2008リーグ&ナビスコ日程 »