« 原尻の滝 | トップページ | フットサルリーグ »

第29節 大分トリニータ戦

【結果】大分トリニータ 1-0 FC東京

081018_1 081018_2
081018_3

悔しいの一言です。
掴みかけた優勝の可能性を自ら溢してしまった。
まぁ、そもそも他のチームよりも可能性的には低かった訳ですが・・・

得点はFK1発のみ。
あの時何故か入ってしまいそうな気がしていたら・・・・・・次の瞬間、やっぱりゴールネットは揺れていた。
そう思ったのも、壁の位置が甘かったのかシオが中途半端だったかはわかりませんが、コースは開いていた気がする。
ちょっとの集中で防げたよなぁって思ったら、やっぱりこの試合は悔しいのみ。
1点取ってしまえば、典型的引きこもりなチームはさらにすること明確な訳です。
しかし、シャムスカ監督ってブラジル人なのに珍しい戦術しますよねー。
あっ、別に厭味ではないです。
きっと大分のメンバー事情が一番だと思うのですが、その戦術によって今の順位なのだから、強くなったのだろうし、堅実なチーム作りに成功している証拠なのでしょう。
そろそろ日本代表監督のイスも近いのではないでしょうか?(苦笑)
東京を含め中小企業というのは大企業の圧力を受けてしまうものです。
今回の遠征では代表スタッフが偵察に来ていたみたいで、それで最後の交代カードは長友だったのでは?!なんて考えちゃいますよね・・・
普通に考えてあの状況ならFWだと思うし。

話、逸れ過ぎた!

試合の話に戻すと、うちはうちで今の状況に慣れていないせいか、チグハグな感じは否めなかった。
もちろん、いつものポゼッションも必要だけど、相手の出方によって戦術を変えたり、仕掛けどころを把握して効率よく攻撃できればいいんだけど。
ま、それを言ったら人が大人になるのもそれなりに時間がかかるんだから、こればかりは時間が必要ってことですかねー。

もう一つ思ったことは、優勝戦線に喰らいつくような気迫みたいなものもなかったような。
個人の日記やインタビューではそれなりに気持ちを表していますが、ピッチでのやってやろうというまとまりがないように見えるのです。
昔に上位をイジめていた時の東京って、そういうオーラみたいなものがあったと思うんだけどなぁ。
今年で言えば、フロンタ戦とかベルディ戦とかでみえていたアレですよ。
単に一戦って考えていたから、あの時は出ていたものなのかな?!

気持ちが出ちゃってたのは、ゲームも終盤に差し掛かろうとした時間に赤嶺がアホな家本に噛み付いてしまったところくらい?
あんなアホな審判に噛み付いてイエローもらうなんて、そんなところも大人になってほしいところ。
初めて当たる審判でもないんだから、特徴くらい把握していると思うのですが。
噛み付いたことで、その直後のファウルなんて取ってくれないし。
あー、東京のダメなところは書いて吐き出せばスッキリするのですが、あの家本だけはホント腹立つわぁ!!!
お願いだからぁ、水のないプールに飛び込んでぇー!(苦笑)

兎にも角にも、優勝戦線から脱落してしまったかもしれないけど、ACL出場権まで諦めちゃうことはないと思います。
今のままでは世界、つかアジアで戦えないと考えている人もいるかと思うけど、たとえ惨敗しようとも世界というものを肌で実感することで、もっと強い気持ちが芽生えると思うのです。

強くなりたいって。。。

そんなチャンスがまだあるのに、諦めちゃうのはもったいない。
シーズン最後の最後までみんなで戦おう!

081018_4

で、翌日。

朝からレンタカーで豊後大野市ってところにある原尻の滝を目指す。
ネットで情報を検索していたら、大分市から車で1時間とか書いてあるから、安易に考えてしましたが、すげぇー獣道で正直たどり着くのか?って思っちゃったくらい。
国道とか県道とか大きい道かと思ったら大間違い。
プチサバイバルでしたー。
落石注意って書いてありましたが、すでに道には石ころがゴロゴロ転がっているし、横は崖だし。
ホントにあんな道が普通に使われているのか謎です。

(追加)
東京に戻ってよく調べてみたら、国道?10号線ってバイパスで犬飼を通り、スムーズに行ける道を発見!
やっぱり知らない土地は十分な下調べが必要なのでした。。。


2時間くらいでやっと到着。
道の駅が併用しているので、車を止めてレッツゴー!!

081018_7

つり橋からの景色がいいって書いてあったので、早速つり橋を渡り始めると・・・

めちゃくちゃ揺れるんですけどー!!!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

そのつり橋からはこんな感じで滝が見えました。

081018_8

のどかな田園風景の中に突如現れる滝に驚いちゃいましたよ。

081018_6

滝のそばに下りてみると、マイナスイオンでまくりー(笑)
夏場はゴムボートで近くまで行けるようになっているようです。

081018_5

とりあえず、試合のことは少し忘れて心癒される時間を過ごせました。

次は高千穂にチャレンジしてみたいけど・・・・・・やっぱり獣道でしょうかね(;;;´Д`)

|

« 原尻の滝 | トップページ | フットサルリーグ »

FC東京」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。原尻の滝の地元の者兼大分サポです。
通常大分市内から原尻の滝に来る場合、そのような山道を通らなくてもたどり着けるはずなんですが・・多分遠回りしていらっしゃったんでしょうね。

昔に比べて滝も水量がなくなって迫力がなくなりました。春先には回りの田んぼにチューリップが植えられて、チューリップフェスタなるお祭りもやっててすごい賑わってます。

まあ、なかなかそういった時期は難しいと思いますが、また機会があればトリニータとの試合観戦に、大分にいらっしゃってください。

投稿: とおりがかり | 2008年10月21日 (火) 02時25分

原尻の滝までは 本当に大分市から車で1時間くらいで行けますよ。
獣道って、どのルートをつかったんでしょう?

投稿: ロビ | 2008年10月21日 (火) 06時34分

とおりがかりの大分サポさん

はじめまして。

今回の試合は完全にやられました(ノ_-。)
シャムスカ監督になってから早4年が経とうとしているのですね。
そりゃ成熟してくるはずだわぁ。。。
うちも負けずに強くなっていってほしいものです。

原尻の滝までのルートはナビ任せでして、文明の利器に頼りすぎました(´・ω・`)ショボーン

デトロイトメタルシティに出てきた犬飼にも立ち寄りたいと思いましたので、来年また試合共々リベンジしたいと思いますo(_ _)oペコッ

投稿: sususu1999 | 2008年10月21日 (火) 19時24分

ロビさん

こんばんわ。

ナビを設定後、確認しないまま突き進んだら、どうやら10号と442号の間の山道が設定されていたようです!!(゚ロ゚屮)屮
つまり、地図上では最短ルートってヤツです。
しかし、時間は最長。゜゜(´□`。)°゜。
我ながら、よくあの道を進もうと思いましたよ。
地元の方もなかなか使わないと思います(;´Д`A ```

投稿: sususu1999 | 2008年10月21日 (火) 19時27分

原尻の滝!!すごくいいですね~!!
来年は僕達も行ってみたいです!!
つり橋車でわたるんですか?
cityライダーの僕にはかなり厳しそうです。。

つり橋効果でラブリーになるのも捨てがたい。。。

お邪魔しました~。

p.s.
とり天美味しそう・・・・
おなじもの食べてるのに写真のセンスが段ちです。。

投稿: ガス太郎 | 2008年10月21日 (火) 23時22分

ガス太郎さん

こんばんわ。

つり橋は普通に徒歩ですが、その方がガンガン揺れるのでラブリー効果は大・・・ですかねcoldsweats01

とり天、あまりにまいうーなので、毎食食べてましたsmile

投稿: sususu1999 | 2008年10月21日 (火) 23時41分

>ナビを設定後、確認しないまま突き進んだら、どうやら10号と442号の間の山道が設定されていたようです!!(゚ロ゚屮)屮
>つまり、地図上では最短ルートってヤツです。
>しかし、時間は最長。゜゜(´□`。)°゜。
>我ながら、よくあの道を進もうと思いましたよ。
>地元の方もなかなか使わないと思います(;´Д`A

なるほど・・あのルートですね。それは大変でしたねえ!
地元の自分も実は同じことをやった事があります。
大分市内から私の地元に帰る際に、ナビに通った事のない道路が表示されて、好奇心から使ってみようと思いました。
そしたら思いのほかものすごい山道で、
”家までたどり着けるんだろうか、崖下にもし車が落ちたら誰か助けに来てくれるのか”・・等物凄く不安になりながら、広い道に出て安心した記憶があります。
それ以来あの道は絶対通りません。
”県道41号大分大野線”で検索したら道の酷さがわかると思います。
とあるサイトでは”時としてカーナビでさえ最良ルートとしてチョイスしてしまう県道41号大分大野線。だがその実態たるや主要県道とは名ばかりで、何も知らずに迷い込んだ般ピーを奈落の底へと突き落とすトンデモナイいかさま県道なのである。”
なんて書かれていました。

投稿: とおりががり | 2008年10月22日 (水) 12時54分

とおりがかりさん

こんばんわ。

まさにそのルートです!
私たちは行き止まりだったらどうしようってものすごく不安でしたが、30分に1回くらい車が来たので、道は繋がっているということを確信し、突き進みました(;´▽`A``
ただ、もちろん山道なので前から来ても、カーブのちょっと広めなところまでバックで戻ってやりすごすというように、危険もいっぱいヾ(.;.;゚Д゚)ノ
次回はもう少し学習していくことにします。。。
また、お奨めな観光スポットなどありましたら、ご教授くださいね。

投稿: sususu1999 | 2008年10月22日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114202/24637584

この記事へのトラックバック一覧です: 第29節 大分トリニータ戦:

« 原尻の滝 | トップページ | フットサルリーグ »