« 第13節 川崎フロンターレ戦 | トップページ | 西京極 »

サッカーいろいろ

代表戦とUEFAチャンピオンズリーグをテレビ観。

代表組はさすがに代表なだけに少ない練習ながらもほぼ完璧なパスワークを披露。
目指すサッカーに適したスペシャリストを集めただけにやっぱり基礎意識がしっかりしている上に、みんながみんな周りが見えているのでしょうね。
レッズの山田くんも周りの状況を素早く察知し、いい攻撃をしていましたね。
一戦目にしてアシストもしちゃうし、呼ばれる訳ですね。
うちのチームも周りが見える選手がもっといればなぁ(苦笑)
そのうちのチームから選出の今ちゃんは虫垂炎で離脱の長友くんの代役?として出ていました。
最近の代表戦を観る限り、ベンチにも入れなかったりですが、単なる便利屋でなく、実力でピッチに立ってほしいよなぁ。
長友くんも心配ですが、体が資本の商売なので、無理せずしっかり体調を整えてピッチに戻ってきてほしいものです。
どうやら重い虫垂炎で出遅れていたシオもチームに戻ってきたらしいしって関係ない?!


UEFAチャンピオンズリーグはあのピッチに立つに相応しい2強。

緊張感に包まれる中キックオフ。
序盤はマンUが飛ばして、攻撃を仕掛けるもシュートは枠の外。
様子を伺っていたのか、単に硬かったのか、守備に徹するバルサが少ないチャンスをモノにする、エトーのゴール。
そこからバルサの時間に。
バルサの華麗なパスワークにあのマンUが翻弄されていました。
バルサ側はみんな足元パスのポゼッションなのですが、ボールを出す人が困らないように必ずいくつかのパスコースを作るポジショニングをしています。
こうすることによって、相手のディフェンスはボールの奪いどころであるパスコースを見極めることができず、攻撃を許してしまうということのようです・・・なるほどなポイントですね。
そんなポゼッションと共に中盤のイニエスタとシャビが絶妙な上がりを見せ、よく言われるアタッキングサードでは誰もがスペースへボールを出す動き。
この一連の動きがゲームか?って思うほど速く強いパスワークでしかも正確なのだから、個人のスキルも計り知れないといった感じですよね。。。
まぁ、少しのミスが許されないといったレベルで日々闘っている訳ですから、当然なのかな??やっぱ世界級!!
ミスすると途端に攻守が変わり、あっという間に逆サイドのゴール前にボールが運ばれてしまうのですから、集中力も尋常じゃないのでしょうね。
我がチームでもいつの日かこんな素晴らしいサッカーを観ることができるのでしょうか?!
そんなこんなで後半のいい時間帯にメッシのヘディングシュートが決まり、余裕のパスワークでバルサの優勝が決まりました!
マンUも序盤に仕掛けた時に点が取れていれば波に乗れたのかもしれませんが、どうも最後までうまく機能しませんでした。

早起きではありましたが、いい試合を観れてよかった。

でも、やっぱねむーい!!(笑)

|

« 第13節 川崎フロンターレ戦 | トップページ | 西京極 »

サッカー全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114202/29832884

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーいろいろ:

« 第13節 川崎フロンターレ戦 | トップページ | 西京極 »