« 東福寺ともつつけめん | トップページ | 晩秋の京都 二条城 »

京都の町家フレンチ 『ア・プ・プレ』

前々から予約していた京都の町家フレンチ『ア・プ・プレ』に行ってきました。

またもや、外観を撮り忘れたので上のリンクからお店の雰囲気をどうぞ。

古民家を改築したお店で、入り口を入ると土間そのものがあり、そこを通って奥に進むとお店があります。
その土間の一部がキッチンになっていて、ガラス障子で仕切られたお部屋に席があります。
その雰囲気が不思議な感じ。
まるで誰かのおうちに行ったみたいなあったかい空間。

肝心のお料理はといいますと・・・とってもおいしかったです。

101204_7 101204_8

前菜です。
左の写真の手前のたこ焼きみたいものはチーズをふんだんに使ったパンみたいなもの。
奥のものはテリーヌですが、中に入っているものを忘れました!
右のはサーモンのゴルゴンゾーラチーズ使用のタルタルだったと思います(汗)
ちょっと日が経ってしまったので記憶が・・・
このサーモンの方はチーズが強いかな?と思いましたが、そんなに強調することはなくとってもバランスの取れた前菜でした。
ちなみに旦那はマグロのカルパッチョをいただいてましたよ。

101204_9

これはさつまいものポタージュ。
紫芋と2種類使っているそうです。
コーンにも似た味わいですが、甘さ控えめな感じでおいしかったです。

101204_10

隣りのテーブルを見たらおいしそうだったので、急遽追加してもらった鯛のソテー。
旬のお野菜もしっかり入っていて、お魚もプリップリでバターのソースがマッチしてこれまた美味。
追加してよかったぁ~と思う一品でした。

101204_11

最後はお肉。
子羊の方がよかったのですが、旦那が食べたいというので、私は鴨にしてみました。
鴨はよくベリー系かさくらんぼのソースで出されますが、ここはオレンジのソース。
酸味があるので、甘いだけのソースと違い、さっぱりいただけました。

101204_12

デザートは栗のパルフェ。
真ん中にある栗のムースみたいなものが冷たくておいしかったです。

ここは女の人がシェフというのがHPに書いてあったかと思うのですが、結構味がしっかりしていて、だからといって濃すぎる訳ではなく、ちゃんと素材を生かす味わいになっていて、全体的にとってもおいしかったです。

値段もリーズナブルだし、気軽に行けるフレンチという感じでまた行きたいと思いました。

|

« 東福寺ともつつけめん | トップページ | 晩秋の京都 二条城 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114202/38045268

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の町家フレンチ 『ア・プ・プレ』:

« 東福寺ともつつけめん | トップページ | 晩秋の京都 二条城 »