« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

FC東京始動

先々週から始動していますね、FC東京。
何気にオフシーズンは忙しく、ブログ書き忘れていました。
明日はUstreamとかTwitterなんかで新体制発表記者会見をやるみたいなので、仕事で手が空いたら、ちょっと覗いてみようかな?(笑)

ブラジル人選手も久々に3人入るんですよねー、楽しみ。

で、移籍で驚いたのが高松選手。
正直、すでにピークを過ぎている感ありますが、いい時期にいいオファがあったにも関わらず、大分に残り続けたのにここへ来て東京へ来てくれるなんて・・・
その気持ちを大事にしないとなぁって思いましたよ。
期限付きだけど、めちゃくちゃ応援しますよ!!
ということで、先日高松記念でおうちでとり天作りました。

110131_1

あとは、谷澤選手が入ったのにも驚いたなぁ。
キャラが確立されてそうなので、ネタを期待したいと思います!(笑)

そういえば、昨年の年チケのおまけのドロンパストラップですが、うちのネコのいい餌食になってます・・・(汗)

110131_2

そのうち尻尾がちぎれそうだよー(泣)
ごめんね、ドロンパ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

週末は…

週末は…

ひさびさにずーっと家にいました。

というのも、旦那と猫の体調があまりよくなかったというのもありますが…

結局、我が家のフランは目薬を処方してもらって点眼していたら、だいぶよくなりました!

つか、パワーアップしている気がする。

で、遊び疲れた果てが写真の姿です(´▽`;)

うーん、仔猫に大人しくしていろっつうのが無理な話かな?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のフラン

最近のフラン

最近は家にも慣れて、だいぶやんちゃになってます。

いたずらばっかりして困っちゃいます。

ただ、最近はくしゃみをよくするので、猫風邪をひいてないか心配…

明日、病院に連れて行く予定なので、先生にしっかりみてもらわなくちゃ。

食欲はとまらないんですけどねぇ(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011日程一部発表

開幕は毎年ながらホームでしたね。
サガン鳥栖がどんなサッカーをするのかは分からないのですが、今年こそは開幕ダッシュ→爆走って方程式を築いてほしいものです。

今年はいい意味で緊張感のある1年であってほしい…

第2節は岡山のようですが、これは行けないかな?!

今年はしがらみが多くて遠征が少なくなると思うので、予定を立てるためにも早く全日程が知りたいです!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

我が家の新しい家族

我が家の新しい家族

先週末から我が家に新しい家族が増えました!

仔猫のフランです。

私は呼びづらいので、ふうって呼んでます。

まだ、だいぶ甘えん坊ですが、そのうち見向きもされなくなりそうなので、今のうちにいっぱい遊んでおかねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移籍について

皆様、だいぶ明けてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか?

この零細ブログをご覧いただいている方には本年もよろしくお願いします!

今年もゆるーく綴っていきたいと思います。

さて、移籍について、だいぶ話が出てきましたね。

と言っても、ほとんどの選手が残ってくれるということで、何ともありがたい話です。

そこそこの成績を残した清水の方がよほど降格したのではないかという程の草刈り場状態な訳で。。。

ただ、赤嶺やヨングンはJ1を選んだのだから、これが降格というものなのですね。

赤嶺はオフィシャルのコメントを見たら、ホントは東京にいたかったんじゃないかと勝手に思ってしまいましたが、あれだけ外国人選手の移籍話があれば考えますよねぇ…家族もあることだし。
赤嶺の年齢だと出場してこそなんぼだた思うので、彼が選んだ道です。
今年はカテゴリーが違うから思う存分J1の舞台で大暴れしてほしいっす!

ヨングンは何とももったいなかったなぁっていうのが正直な感想です。
さっくり抜かれることもあるけれど、吸収力は抜群だったような…つうのは、私の勝手な思い込み?(笑)
何はともあれ第二のホンミョンボという逸材を簡単に手放さなければならないこの状況が憎いです(泣)
どうせならレンタルでって都合いいですね、ハイ。
東京での在籍は短かったけど、今後の糧になってくれたらと思います。

森村君なんかはレンタル続きでかわいそうだけど、ユース出身ということでまだ東京に籍があるだけいいのでしょうか?
私的には戻ってきてほしいけど…

吉本くんはどうなっているんだろう?

この時期はやっぱり憂鬱ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »