« 富山遠征-その1- | トップページ | 2011 J2 第27節 京都サンガFC »

2011 J2 第4節 栃木SC戦

【結果】FC東京0ー0栃木SC

2011 J2 第3節 栃木SC戦

試合前、またもや100名城巡り。
昨日は鉢形城へ行ってきました!

公園と書いてあったので、スカート、ビーサンで行ったのですが、あれを公園と言っていいのか?と疑問に思うほど、荒れてましたね(汗)

土塁なんかが草生えまくりなんていうのはよくあることですが、せっかく展示物がある場所が足を踏み入れるのも躊躇するような状態って…

というのも、生い茂った草に集る虫の多いこと!

まぁ、自然にはつきものと言ったらそれまでですが…(苦笑)

ここは長尾景春によって築城され、のちに後北条氏の一人が整備拡大したそうです。
その後は秀吉によって小田原攻めが始まり、籠城の末、開け渡すことになったようですが、戦略上の重要性から、それまでも戦場になった土地のようです。

川沿いの断崖に本丸があり、攻め入るのも大変だったことが伺えます。

城跡自体はそこそこ楽しめるとは思いますが、虫は勘弁。。。が一番の感想(笑)

2011 J2 第3節 栃木SC戦

試合です。凡試合。

そこそこ攻めているようには見えるものの、得点の匂いは全くしなかったですねぇ。。。
ペナ付近でこねくり回すのもいつものことで打たなきゃ入りませんよ?と言いたくなる始末。
むっくんはクロスあげることしか言われていないのか、フリーであっても中に切れ込む動きは皆無。
どうせ最終的にクロスをあげるなら、切れ込んで中に張り付いている相手DFを引きつけてパスするくらいしてほしい。
時と場合の選択をきちんとしてほしいものです。
まぁ、そんなことよりも何よりもルーカスのワントップをやめてほしいわぁ。
って結局愚痴ばっかになってしまった。

対する栃木は前半は飛ばし気味?だったように見え、早いうちに得点を…みたいな感じ?!

これに対してはよく守ったと思います。

ただ、北斗サイドが相変わらずの狙われようでどうにかならないものなのか?

後半は栃木もおつき合いな感じになり、どっちもどっちな感じでした。

とにかく、今はセザーが戻るのを待つしかないのでしょうか?

今いるメンバーで次こそは打開できることに期待したいです。

因みに、上位チームが足踏みをしている間にその下に位置していたグループがめきめきと勝ち点を重ねて昇格争いはさらに混戦になってきていますね。

とにかく、集団から抜け出して安心したいものですよ。。。

頼むよ、みんなー!!

|

« 富山遠征-その1- | トップページ | 2011 J2 第27節 京都サンガFC »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114202/41515566

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 J2 第4節 栃木SC戦:

« 富山遠征-その1- | トップページ | 2011 J2 第27節 京都サンガFC »